インバインドは国策だったわけですよ。4000万人とか。満蒙開拓団の歴史と妙に被るこの悲しみで、ボクは涙が止まらないことを書きます。



墓参りに行って、普段ならば気にも止めない慰霊碑が目に入りました。市営墓地のすぐ側に、ひっそり佇む「拓魂碑」。飛騨市古川町細江から100人規模の満州への開拓団を送り出し約半数が命を落とした鎮魂の記録でした。



昭和の初めの満蒙開拓団は国策です。困窮する内地の事情を中国東北部の経済開発、そして北方防衛の意味で送り出された人達です。碑文によると、送り出し地の飛騨市古川町杉崎は国から指定されたようです。期待と不安の交錯する中、大勢の若者や家族が手に手を取って満州に渡ったことは想像がつきます。そして余りにも凄惨な最後が刻まれています。


令和の今、延びない経済。減る一方の人口。中国に抜かれたGDP。この窮地に国が舵を切ったのが国策のインバウンドです。2020東京五輪を起爆剤とした国挙げてのインバウンド需要喚起で日本中にその旋風が吹き荒びました。


写真 TOKYO HEADLINEより


国策。とても崇高な響きです。しかし満州の開拓団の凄惨な歴史と令和のインバウンド蒸発パニックは、国策の結果において何らか変わりません。結局、国策であっても大きなトラブルに見舞われたら全て自己責任で、国は助けてくれません。そんな歴史的に当たり前の繰り返しを、今、当に、まざまざと見せつけられたわけです。多くの国民が期待に胸膨らませた国策は明らかに幻惑でした。



ここ10年ほどボクはインバウンドで稼がせていただきました。結構な額を儲けたことも事実です。だから国や行政に恨み節は言いません。しかし為政者を過信してはいけない。これが偽らざる本音です。


極寒の満州で非業の最期を迎えた同胞の無念に涙しながら、国策が繰り返す歴史の教訓を重く受け止めます。






冷静に考えてみると、コロナウィルスに打ち勝つには次の3つの方法しかありません。

 

1、治療薬ができる。でもいつできるかわからない。

2、ワクチンができる。でもいつできるかわからない。

3、みんな感染って残った人だけ生き残る。怖いけど現実的。

 

それを踏まえた上で違和感あるのが「外出自粛で大切な人の命を守るキャンペーン」的なヤツ。これって根本的な解決じゃないんだよね。時間稼ぎで場当たり的な対応です。ワクチンできず、治療薬できず、でも絶対にみんな感染させない、現実的にはダラダラ感染が続く。そしていつかほぼ全員感染するってことだよね。これって、つまり無理ゲーじゃね?さっさとやめた方がいい気がしてきた。

 

あのキャンペーン的なヤツは、医療崩壊させないだけが目的で、自分の周りの大切な人を守るってのは意味が薄く、これって論点のすり替えです。でも仕方ないんだろうね。ウィルスは未知との遭遇だから。論理的な思考で正義を振りかざすよりも現実的な対応しなきゃいけないってことの結果だと思います。

 

そうすると、残念ながら今日までのところ自分でできることは、感染しても生き残れるように免疫力をあげておくしかないんです。問題を直視すれば、明らかにそれが現実です。悲しい現実です。人間の無力さを感じます。

 

 

だから今考えておかなきゃいけないことは、感染の恐怖にジタバタするんじゃなくて、腹を決めて、もし自分がうまく生き残れた後の、私生活、ビジネス、価値観、等々を悶々と考えています。究極の未来思考!日本の感染者の死亡率は2.3%で、その内訳はお年寄りや基礎疾患者が多いわけですから、ボクがコロナウィルスで死ぬのは結構難しいとも思っています。まぁ死ぬかもしれませんが。

 

もちろん数ヶ月でサクッとワクチンと治療薬ができれば「外出自粛で大切な人の命を守るキャンペーン」的な時間稼ぎも悪いことではありません。当然ですが、結果論でもそうなれば嬉しい限りです。

 

 

 

 

 

 

都会の魅力って、人と物と情報の過密さと速さです。満員電車も新宿の街もタワーマンションも、とても刺激的です。本来刺激は危険と隣り合わせで得られる快感です。登山に例えるなら、一歩踏み間違えたら転落死するけど、そこでしか見られない絶景を見たときの感動の刺激と同じです。登山は自分でリスクを管理して満足を得ます。でも都会の刺激は登山と違い、自分以外の誰かが作り上げた都市の仕組によってリスクを徹底的に排除してもらっています。だからお金さえあれば、誰でも努力なく簡単に刺激を得られるんです。普段ならば、、、

 

でも一度災害が起こると、都会は一環の終わりです。ライフラインが途絶えたら地獄絵図です。電気と水の途絶えたタワマンでは人間は生存出来ません。コロナウイルスも同じだと思うんです。先述の通り、都会の魅力は人と物と情報の過密さと速さですから、ウィルスの大好きな環境をわざわざ提供しているのと同じです。このリスクに備えがなかった結果が緊急事態宣言の発令なんだと思います。

 

ボクは今の社会状況を見て、都会の人はリスクをひとごとのように感じてるんだと思います。3密を止めればいいだけなのに全然止めない人達。日頃からリスクを誰かに肩代わりして守ってもらうことを当たり前とする都会の人は、リスクを自己管理する人間力と想像力が退化してるんだと思います。

 

もうこうなると、一層のこと都会がパニックになればいいんです。そうしないとわからない人達が集まってるのが都会なんだから。天から見ている神様って、本当にいるんじゃないかと思います。東京は混乱しているようですが、外から見てると、その混乱状態も含めて都会の魅力だと言った方が良いんじゃないかなぁ。ボクは田舎に住んでて本当に良かったと思います。

 

展望として、コロナウイルスが終息すると経済はズタズタになると思います。サービス業は既存の価値観とは違う、質の変化が求められると思います。多くのビジネスプレイヤーが退場を余儀無くされ、そのひとりがボクかもしれません。しかし、一筋の光明を見出すなら、いわゆるパラダイムシフトです。既存の価値を全て打ち壊す大変革です。それに備えてボクは今以上に人間力と想像力を磨きたいと思います。

 

 

まぁそんなこと言っても、コロナウィルスとは全然関係ない、事故とか病気とかで死んじゃうかもしれないから、浮世とは恐ろしいものです。仏教法話にある「朝には紅顔ありて、夕には白骨となれる身なり」って、蓮如上人が言いだしたらしいけど、案外ボクが毎日考えていることをお経って形で文字に起こしてるだけじゃないかとも思っています。

 

コロナウィルスで悶々としていることを書きます。

 

 

国民の多くはテレビやネットの情報で海外の病院の惨状を目にして「感染すると死ぬ」という恐怖に怯えています。でも感染者の多は回復するわけで、その人たちの喜びの声の映像は見たことがありません。コレおかしいでしょ。メディアの中の人は「注意喚起のため」と言いますが、メディアの外の人から見たら明らかな恣意的煽りです。

 

今日現在、日本政府は「感染拡大を緩やかにしてパンデミックと呼ばれる爆発的感染拡大を防ぎ医療体制を崩壊させない緩和戦略」のようです。これはある程度の人数の国民が感染することを容認しています。つまり結構な人数の国民が感染し、体の弱い人は死ぬってことを暗に示しています。政府はそこをオブラートに包んだ表現するからイラっとするんです。国民の多くは「自分は感染しないと」思い込む大きな原因だと思います。

 

ちなみに「緩和戦略」は数日前までのイギリス式です。でもイギリスは速攻で白旗を上げ「抑圧」に急遽方向転換しました。日本もすぐに「抑圧」になると思います。まずは首都閉鎖だと思いませんか?「抑圧」やるならアレコレ言わんと今すぐやらなきゃ意味がなくね?スピード感がありません。

 

でも地方は感染の実情に合わせた「緩和」でいいと思います。そこを行政は、国<都道府県<市町村<地域コミュニティ、の順で硬直化した政策を上位解脱でやるんじゃなくて、地域の実情に合わせて運営して欲しいんです。まぁこうなると公務員の仕事ではなくて政治家の仕事ですけどね。そうじゃないと地方経済は完全に焼け野原になります。ぺんぺん草も生えん、、、って感じでしょうね。さもなければ、地方創生とか人口減少問題とか、来年の今頃には遠い過去の話になるでしょう。

 

 

ウチみたいなサービス業は1年くらい商売にならんでしょうね。リアルに「100日後に死ぬワニ状態」です。ついついワニのLINEスタンプ買っちゃいました。

すごく久しぶりに起業した頃を思い出しました。あれは30歳の時でした。

 

「失敗しても死ぬわけじゃない」

「ダメならゼロスタートでやり直せばいい」

「他人の視線なんて気にするな」

「いつか成功してギャフンと言わせてやる」

「なめんなよ」

 

あの頃は、毎日こんなことを呟いていたと思います。当時、知人に「独立なんてやめとけ、、、」と言われ、身内からも叱責された覚えがあります。悪口を言われた記憶ってのは鮮明に残っているもので、今でもその人たちとはできるだけ付き合いをしません。まぁその人たちは社畜や専業主婦なんで、現在のボクの行動エリアには侵入してこなですけどね。負のインフルエンサーと付き合ってもろくなことがありません。

 

先日知人の30代の起業志向のある方と話をする機会がありました。悩んでおられました。でも悩む必要なんてありません。やらなきゃわかんないことは、やればいいだけです。悩むのは時間の無駄。

 

この20年を振り返ると人生はとても短いと思います。

 

 

 

 

今年もお正月に雪がなかった。飛騨地方の冬の観光ポスターで見かける、一面銀世界のスキー場や雪の合掌造りの白川郷、赤く塗られた小京都の橋に積もる真っ白な雪などは、どれも冬を代表するシーンだよね。

 

 

でも近年は全然雪が降らない。雪景色のイメージ写真を見てやってくる、特に雪の降らないアジア各国からのお客さんは気の毒でしょうがない。ボクらが、まるでコバルトブルーのビーチの写真に憧れて南の島に行ったのに、毎日台風で海がおおしけだったのと同じだからね。

 

最近ボクの周りの観光関係者が漏らす気になる言葉に「雪さえ降ればなんとかなるのに」ってのがある。正にその通りなんだけど、近年、違和感を感じていたんだよね。言葉を深読みすると、雪は毎年クリスマス頃から降るのが当たり前という前提があるのよ。確かにその感覚は飛騨で50年以上暮らすボクにもある。でもこの数字を見て欲しい。

 

■高山測候所観測お正月の積雪■

2010/1/1 6センチ
2011/1/1 21センチ
2012/1/1 6センチ
2013/1/1 7センチ
2014/1/1 2センチ
2015/1/1 44センチ
2016/1/1 0センチ
2017/1/1 0センチ
2018/1/1 0センチ
2019/1/1 0センチ
2020/1/1 1センチ

 

ここ5年間でお正月に積雪のある年はないんだよ。つまり統計を見る限り、年末年始に雪は降らないってこと。でも飛騨の人は冬になると雪は降るもんだと思い込んでるから前述の発言になる。ボクの違和感の正体はコレだった。雪は降らないことが統計的に示されてるのに「雪さえ降れば」って嘆いてもしょうがない。だって数字はウソをつきませんから。

 

じゃあどうする?もうこれはね、自然現象だから逆らえない。雪に合わせるしかない。例えば、飛騨地方は1月末から2月が雪のシーズンって公表して、注釈で「数年に一度12月にも雪が降ります」ってすればいい。だって過去5年間の結論だし真実だもん。これ以上「ウソ」を広めると必ずSNSで「冬の高山は雪が無いから行かないほうがいい」ってウワサになるよ。その前に手を打っておかないと。

 

 

ウチの会社のロッジのあるアルコピアのゲレンデもこのとおり、、、↑人工雪100パーセント。

 

 

今年も大ブレイクの白川郷の冬のライトアップ(写真↑岐阜新聞紙面から)でも初日は積雪ゼロどころか雨模様。ボクがお客さんなら、かなり消化不良になると思うよ。純白の雪景色をワクワクしながらイメージして来村したのにコレだと、繰り返すけど、ボクらがコバルトブルーのビーチの写真を見てワクワクして南の島に行ったのに連日台風だったのと同じだよ。解る?

 

 

ボクはね、少しでもお客さんに喜んでもらえればと、雪の無い白川郷に軽トラックで山から雪を運んできました。小さな雪だるまを作ってみました。

 

 

でも実際のところは、ボクとスタッフの気休めにしかならないかもしれません、、、パラダイムシフトの時期かもしれません。

 


全然関係ないですが、スペインのマドリードでバールってのをハシゴしてきました。欧州人の大衆文化が解りました。この手の立ち飲み屋は面白いと思いますので、ボクの地元の高山でもやりたいです。


 

新規事業って事業化までが一番ドキドキします。理由は新規事業の発想には「数字」の根拠がほとんど無いからです。大企業とか行政は過去の実績やインタビュー形式のリサーチとかで根拠の数字をでっちあげるらしいですが、そもそも誰もやったことのないことをやるのに「数字」で根拠を示せってほうが無理です。

 

例えばボクが白川郷テラスの前身の白川郷ホステルを新規事業構想したのは7年前で、その2年後に事業化しました。世界遺産の荻町合掌集落から2キロも離れてる隣の集落の朽ち果てた民家を改修して宿を出すなんて無謀と思われてたようです。もちろん村の観光統計に荻町合掌集落以外の一般集落に観光客を受け入れを想定した「数字」もないし、誰も想像できなかったんです。

 

でもボクには見えてたんですよね。数年後に外国人がレンタカーでじゃんじゃん白川郷に来て、観光地から離れてるウチの宿に来る様子が、、、ハッキリ目に浮かんでいました。だからビジネスとして軌道に乗ったんです。なぜそれが見えたかは定かではありませんが、多分「数字」に表せない人生の経験値でピンときたんだと思います。

 

この頃つくづく思うのは、会社の経営判断に必要なのは勿論「数字」ですが、それを見て経営の判断するだけなら、大学の経営学部や企業の経理部とかで、ちょこっと経験を積めば、勘のいい人ならすぐに社長になれます。でもそれより社長に大切なのは「数字」で根拠を表わせない新規事業に投資する先見性とセンスです。投資が成功すればいいですが、失敗したら倒産です。ドM的にドキドキします。自分を信じて突き進むしかありません。

 

資本主義の仕組みでは、事業継続には新規投資が絶対に必要です。昭和から平成にかけての経済成長期なら、毎年同じことを繰り返す仕事してても景気は良くなり、また為替レートも後押しして業績が伸びていました。だから毎日工場で同じネジを同じ数だけ締めるサラリーマンの給料でも毎年上昇したんです。そしてネジを締めて小金を貯めたサラリーマンが起業して社長になれたのは、その人の実力でも日本人の勤勉さでもなく、ひとえに経済成長の賜物です。日本人の手先が器用で勤勉な国民性だから先進国の仲間入りできたなんて話はとんでもない勘違いで、それが事実なら大雑把で働き方がルーズな中国人が日本のGDPを追い越して世界2位の経済大国になんてなれませんよ。

 

話が逸れましたが、成熟した資本主義経済の中で事業継続するには新規投資しかありません。それも次々と新しいことを打ち出しては消えていく「多産多死」の中で生き残ったものしか未来はありません。

 

ボクのような中小零細企業のオーナーは株主で、同時に経営トップの社長であることがほとんどです。大企業なら株主総会で守備攻防戦を繰り広げる間柄の二者が同じってのが中小零細企業です。そんな中小零細企業の社長は社長としての事業家だけでなく投資家の側面も必要で、その二つのバランスの取れた経営者だけが次の時代に生き残れます。2020年以降、毎年同じことを繰り返すだけの会社はどんどん淘汰され、成長の可能性のある分野に投資できる会社だけが生き残るでしょう。

 

偉そうに色々書きましたが、全部、今年の日経新聞に書いてあったこと並べただけです。ヘヘッ。良いお年を!

 

 

そうそう、今年一番ヤラれたことは、とても気に入って長年入居していた↑個人事務所を追い出されたことです。元々賃貸マンションなんですけど、来年の春に60室ある民泊マンションに全面リニューアルするんだって!だから出ていってくれ!だって!ビジネスってドライですよね。写真は退去前の記念撮影です。顔は笑っていますが心は遺影級の悲しみです。(住田くんか退去後に、この建物で気味の悪いことが起きたので、この部分にあった文書は削除しました)あ〜、民泊か。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちょっと嬉しいことがありました。アイサイトタカヤマ で働いてくれてる白川郷のスタッフが新聞で紹介されました。

 

中日新聞↑

 

岐阜新聞↑

 

紹介されたのは、白川郷テラスカフェ「アカリヤ」のスタッフです。スタッフの女子3人で切り盛りするカフェで、毎日試行錯誤で運営しているんですが、こうして話題になると励みになります。すごく嬉しかったんでスタッフ全員でBBQをしました。

 

 

 

 

畑で採れたクレソンとミョウガが惜しい季節です。

 

 

9月になり秋の気配を感じるこの頃です。

 

 

 

 

 

友達から「スミちゃん、栃の一枚板いらない?」って言われて「欲しいよ」って言ったら貰っちゃうことになり、せっかくなので知り合いの大工さんに頼んでテーブルにしてもらいました。SHIRAKAWAGO TERRACEで使うことにしました。

 

 

塗装はせず自分で蜜蝋オイルで仕上げをしたんですが、すごく木目が綺麗で嬉しくなりました。長さが2m以上あります。宿にちょっと高級感が出ました。いいものはいい、って感じです。家具職人さんに頼んだんじゃなくて、建築大工さんに脚と天板磨きだけを頼んだ造りなので、家具屋さんに並んでるテーブルとは違って手作り感もあり、結構気に入ってます。お客さんも喜んでくれると嬉しいです。

 

 

 

 

 

今更ですが、初めて台湾の九份に行きました。

 

 

ここが千と千尋の神隠しの舞台に似てるとかゆうとこです↑。この場所を探すのに苦労しました。30分くらいウロウロしてようやく発見しました。情弱で行くと苦労します。実はボクの勝手なイメージでは、九份の街は全部このイメージの建物でできてると勘違いしていたんです。観光地あるあるマジックに見事にハマりました。

 

 

 

↑神隠しに遭いそうな神秘的な場所かとドキドキして行ったけど、実際はスンゲー大混雑で、団体旅行の日本人グループがワンサカいて、団体旅行の帰りのバスの集合場所にもなってるらしく、神隠しには遭わないんだけど、団体からはぐれちゃって神隠し状態の人もいて、添乗員さんのお客さんの名前を呼ぶ声が響いていました。

 

 

千と千尋の舞台に似てると言われる「阿妹茶楼」を見下ろすポジションにある飲食店「海悦楼」は大行列で、予約がないと入店できません。あまりにも多い来店客数と対応するおばさんのやりとりは若干殺伐とした空気感が漂い、いろんな意味で「あ〜、白川郷ライトアップとか高山祭に来るお客さんってこんな気持ちなんだろうなぁ、、、」と思ってしまいました。勉強になります。

 

 

赤い提灯が連なるお土産物商店街。ズバリ言っちゃいますけど全く「千と千尋の神隠し」には繋がりません。アレはアレでコレはコレです。もちろんコレが悪いわけではありませんが確実に千と千尋の神隠しではありません。ボクは宣伝に踊らされていた感が半端なく、自分の目で確認する大切さと、誰かに情報を伝える時に正確に伝えるということの大切さを実感します。

 

 

何だろう、、、胸に広がる空虚感。早く台北のホテルに帰りたくなっちゃったよ〜。 

 

 

ボクはお土産物も買わないし、タピオカミルクティーもソーセージも食べないし。しかもソロだから話し相手もいない。大失敗か、、、、

 

 

ちょっと気を取り直して、観光名所から離れてみた。

 

 

いい感じの廃屋。

 

 

ネコ。あー、そこ好きなんだ、、、、

 

 

更に、観光名所を離れてみた。

 

 

人の少ないお寺があったのお参りしてみた。

 

 

丘の上にある地元の小学校に登ってみたら校庭からいい感じの風景が見れた。気持ちのいい場所です。

 

 

遠くに海が見えて、路地裏には生活感が垣間見えて、ちょっとのんびりあるいた。これなら九份じゃなくてもいいんじゃないかとも思った。観光って何だろう?そんなことを自問自答しながら歩いた。

 

 

帰りのバス停までの道のり、観光客が唸るように行き来する通りに戻った。昭和に栄えた西浦温泉を思い出した。ここは日本の昭和なんだ。そう思えば何だか溜飲の下がる感じです。

 

 

観光客がたくさん来て商品がたくさん売れて「捌けば儲かる」ってのは資本主義では否定できないビジネスの正義です。でも思うんですよ。そうやって儲かってる時にこそ自分のビジネス哲学やビジネス美学をきちんと形にした新しい商品を開発できるチャンスなんだって。この九份の大混雑を見てたら、自分の日本のビジネスをこれからどう舵取りして行くのかとても考えさせられました。