すごく久しぶりに起業した頃を思い出しました。あれは30歳の時でした。

 

「失敗しても死ぬわけじゃない」

「ダメならゼロスタートでやり直せばいい」

「他人の視線なんて気にするな」

「いつか成功してギャフンと言わせてやる」

「なめんなよ」

 

あの頃は、毎日こんなことを呟いていたと思います。当時、知人に「独立なんてやめとけ、、、」と言われ、身内からも叱責された覚えがあります。悪口を言われた記憶ってのは鮮明に残っているもので、今でもその人たちとはできるだけ付き合いをしません。まぁその人たちは社畜や専業主婦なんで、現在のボクの行動エリアには侵入してこなですけどね。負のインフルエンサーと付き合ってもろくなことがありません。

 

先日知人の30代の起業志向のある方と話をする機会がありました。悩んでおられました。でも悩む必要なんてありません。やらなきゃわかんないことは、やればいいだけです。悩むのは時間の無駄。

 

この20年を振り返ると人生はとても短いと思います。

 

 

 

 

コメント
コメントする