この半年、新型コロナウィルスの影響はとても大きく毎日悶絶していました。出口の見えない精神的苦痛との戦いでした。でも見えない出口をどんなに探しても誰にも解らない。それが答えでした。それなら考えるのはやめた方がいいって解った時にスッキリしました。明鏡止水の心を得た気がします。


今朝散歩してたら、偶然、無風の川辺は正に明鏡止水。いい朝でした。まるでボクの心の境遇を表すようでした。

 

 

もう一つ悶絶していたことがあります。それはボクの会社のひとつのアイサイトタカヤマの事業内容についてです。うちの会社は個人インバウンド相手のビジネスなので、既存の商品を日本人向けに巻き直すことなんて不可能です。例えばフレンチのシェフに突然和食の寿司を握れと言っても無理でしょ。それと同じ。逆に昨日まで、いきなりステーキでバイトしてたけど、明日から、はま寿司で酢飯に刺し身乗せるわ、、、みたいな地底クオリティーでもないのよね。ウチのビジネスはガチだから、そういうポエムみたいな感じで仕事してないからね。


今は撃沈のインバウンド事業も2年もすれば新しいビジネスが出てくるんじゃないかなぁ。そのときまた頑張ろっと思ってます。

 

 

釣りは楽しいよ。特にエサ釣りが楽しいのよ。最近アイデアは釣り竿を握ってる時に湧いてくるんだよね。だからリール竿系はやらない事にしました。何事も原点回帰は楽しいです。



 

 

 

 

 

コメント
コメントする